当社の強み・特長

強み01:お客様第一主義で50数年の実績

1959年、豊臣工業(現:(株)トヨトミ)の熱処理部門が分離独立して以来、50数年にわたって熱処理事業を提供してきました。真空炉による熱処理、ガス雰囲気による熱処理、アルミ溶体化・時効炉による熱処理と多彩なサービスでお客様の多種多様なニーズに対応。何よりお客様第一を考え、品質・納期・コストでお客様に信頼される企業を目指しています。

強み02:お客様の信頼に応えるナンバーワンの品質

品質管理

金属顕微鏡

金属顕微鏡

走査顕微鏡

走査顕微鏡

炭素・硫黄測定器

炭素・硫黄測定器

硬度試験機

硬度試験機

保磁力計

保磁力計

「顧客信頼度ナンバーワンの品質」を目指し、お客様から信頼していただける確かな品質づくりを進めてきました。平成12年に「ISO9002」の認証を取得し、平成15年には「ISO9001-2000」に更新。平成22年には自動車部品に特化した認証である「ISO/TS16949」を他の熱処理事業会社に先駆けて取得しています。

検査機器
  • ロックウェル硬度試験機
  • ビッカース硬度試験機
  • マイクロビッカース硬度試験機
  • 保磁力計
  • 金属顕微鏡
  • その他磁気探傷装置 等
分析装置
  • 炭素・硫黄分析装置
  • 高分解能走査電子顕微鏡(SEM)

強み03:蓄積したノウハウで商品開発からサポート

50数年にわたって蓄積してきたノウハウを生かし、熱処理にかかわるあらゆるご相談に対応できます。これまで処理したことのない材料についても持てる知識と経験に加え、社内に設置した実験炉で試験を繰り返し、最適な熱処理法を提案します。豊富な知見を備えた熱処理のエキスパートとして商品開発から支援いたします。

強み04:確かなQCDでトヨタやデンソーから高い評価

お取引いただいているのはトヨタ自動車やデンソー、アイシン精機、ヤマハ発動機などの世界的なメーカーがほとんど。特にトヨタ自動車からは平成13年に広瀬工場の「品質優良賞」を受賞し、平成14年から17年にかけ「品質優秀賞」を受賞しています。確かな品質に加え、独自の連続自動ラインが可能にしたコストとデリバリーでも高い評価をいただいています。

強み05:中国現地法人で現地向けサービスを展開

巨大なマーケットを持つ中国での事業展開をめざし、江蘇省常州市に現地法人を設立しました。日本国内で半世紀にわたって蓄積したノウハウを移植し、現地にある日系企業向けに熱処理事業を展開します。いずれはローカルメーカー向けにも展開する予定であり、豊臣熱処理工業におけるグローバル化の第一歩と位置づけています。

ページ先頭へ